意外に知られていないオシャレな『ルーン占い』

世界的には、タロット占いと並んで人気の高い『ルーン占い』ですが、こと日本ではイマイチ知られていません。
歴史的には、タロットよりもはるかに古く(タロットが「占い」として普及し始めたのは19世紀になってから)、その起源となる文字は1世紀あたりまで遡ります。

基本として用いられているのは、ゲルマン民族が用いたルーン文字24で、タロット同様にカードが売られていたりしますが、ルーン占いの場合は、ルーン文字が彫られている石などもあります。
ようするに、ルーン文字が読み取れればなんでもよく、その昔は木の枝などでも行われていました。もちろん、今だって木の枝でできないこともありません。
そもそも、ルーン文字が木の枝で書けるような直線で構成されているからです。
木の枝さえあれば、その場で手軽にできることから、古くは戦の戦略を占う時などにも用いられたこともあるほどです。そういう意味で、タロットとは対象的に「明るい屋外」で行う占いと言ってもいいでしょう。
それだけに、恋愛運や仕事運など、ひとつのレジャーとして継承されてきた占いでもあります。

占いに用いるルーン文字は、基本的に24種類。
方法は2種類があり、前述の木の枝を投げる『キャスティング』(もしくは『キャスト』)、もうひとつは、ルーンバッグと呼ばれる袋から、ルーン文字の書かれた石を取り出す『スプレッド』と呼ばれる方法。

いずれの方式でも「1問1答」形式。
答えは、偶然性が生み出すものになりますが、もともと人生そのものが「偶然」が作り出している物ですから。偶然の産物を偶然で占うのは、しごく自然なことと言えます。
長く用いられているということは、それなりの「偶然性の一致」があったということでしょう。

ルーン占いは、カードとして売られていることも多く、タロット同様にその「読み方
」は覚えなくてはなりません。
タロットの場合は、大アルカナ22枚に加えて、小アルカナを用いる場合には+56枚分をマスターしなくてはなりませんが、ルーン占いの場合は、全部で24種類ですから。それほどに多くの時間を必要とはしないでしょう。
最近では、ネットでもルーン占いができるサイトが、国内外かなりの数があります。
もちろん、日本語のサイトもあります。

そうでなくとも、ルーン石(ルーン文字の書かれている石)は、かなりオシャレで、単純にインテリア小物としても優れていますから。1セット揃えて、それから覚えても遅くはありません。

きっとハマりますよ!

ポイントはこれ!自分に合った利用方法と占い師を探すコツ

今も昔も変わらず、占いは人の心を癒しや支えとなり、その人気は衰えをみせることがありません。
現在はネット上でも無料で占いが出来たり、電話やメールを通して占い師とコンタクトをとることが出来ます。
ここでは、自分に合った占いの活用法と相性の良い占い師に出会える方法をご紹介します。

1.「忙しい」or「話しづらい」なら電話占いを利用する
占い師と1対1で占ってもらう対面式占いは、仕事が忙しい人や自宅から遠いなどの事情で利用できないこともあります。
また、相談内容が浮気や不倫関係などの話しづらいものなら、対面式は利用したくないかもしれません。
それでも今すぐ占ってほしい時は、ネットでよく紹介されている電話占いを使ってみてはいかがでしょう。
ここ数年間で電話占いの需要は高まり、現在はあらゆる占術を使って占ってもらえるようになりました。
特に霊視占いは大人気で、守護霊とコンタクトをとることで、的確なアドバイスを得ることが可能なのです。
その他、タロットや四柱推命などの王道占術も電話占いで利用できるので、忙しい人でも短時間から使えます。
さらに24時間対応している占いサイトも多いため、空いた時間にスマホで利用できるのも大きなメリットです。
対面式では話しづらい相談でも、電話占いなら気兼ねなく話せることもありますから、一度試してみる価値はあります。
あらかじめ、自分なりに費用と時間を設定して、使いやすい占いサイトを探してみてください。

2.「癒し」か「刺激」かアドバイス方法を決める
人気のある占い師には、それぞれ個性豊かな特徴があります。
大きく二分すると、優しくて受け身に徹してくれるタイプか、辛口コメントでズバッと意見を言うタイプです。
ネットの口コミを調べていると、このような占い師の個性についての意見が多くみられます。
どちらのタイプが自分に合っているのか考えておくと、相性の良い占い師に出会いやすくなります。
分からない場合は相談内容によって依頼する占い師を分けても良いですし、好みの占術法を得意とする占い師を探すのも良いでしょう。
癒しか刺激か、どちらを選ぶかで納得のいく占いが出来ると思います。

人それぞれ悩み事は尽きないもので、アドバイスを求めて占いをする人は年々増加しています。
時間や費用によって占いの利用方法も様々ですから、自分に合った方法と占い師を見つけることが大事です。
これらのポイントを参考にして、占いを有効活用できるように心がけてください。

意外と知らないタロットカード占いの特徴とは

占いの定番として定着しているジャンルの一つにタロットカード占いがあります。誰もが一度はタロットカードという言葉を耳にしたことがあると思いますが、その特徴についてはよく分からないという方も意外と多いものです。この記事ではタロットカードの歴史や占える事柄など、タロットカードについて詳しく解説していきます。

タロットカードの歴史は古く、一説によると1392年にフランス王のシャルル6世が作らせたタロットが起源とされています。タロットカードの構成は全部で78枚となっており、22枚の大アルカナと、56枚の小アルカナに分類できます。図柄としてはウェイト版とマルセイユ版が主流となっていますが、本格的な占いにおいてはウェイト版が採用されることがほとんどです。

タロットカードを利用して占える内容は様々です。将来の恋人や結婚相手についての問題や、現在の交際相手との未来についてといった恋愛関係の話はもちろんのこと、仕事に関連するお悩み、お金にまつわる問題、さらに家族や友人、知人との人間関係についての話題など、どんなお悩みにでもや硫黄できることがタロットカード占いの特徴であり、魅力となっています。

占える期間については、遠い将来にまで渡って見通すことが可能な一般的な手相占い等とは異なり、短期的な将来について専門的に占えるのがタロットカード占いの特徴です。具体的には約三ヶ月から半年ほどの未来について見通すことができます。確かに一生涯の人生について見通すことはできませんが、近い将来の運勢について具体的なアドバイスを受けられることはタロットカードならではの魅力であり、特に人生を左右するような重大な場面でタロットカード占いを受けることによって、その後の人生を大きく変化させることが可能であるという点にこそタロットカードの魅力が凝縮されているのです。

タロットカード占いでは、近い将来に起こる問題についてクローズアップできるため、質問や相談の内容を具体的にできることも非常に大きなメリットとなっています。数年、あるいは数十年といった単位で「○歳頃に重要な出会いがある」といった漠然とした占い結果ではなく、現在進んでいる方向が吉なのか、それとも凶なのかといった細かい占い結果を導き出すことが可能であることがタロットカード占いの魅力となっています。

また、自分自身だけではなく、他人についても占えることもタロットカードの特徴です。「あの人に私はどう思われているのだろう」という疑問や悩みに対しても、タロットカードを使用して的確な占い結果が返ってきますから、今後の対策や対応について具体的に考えられるようになります。