意外と知らないタロットカード占いの特徴とは

占いの定番として定着しているジャンルの一つにタロットカード占いがあります。誰もが一度はタロットカードという言葉を耳にしたことがあると思いますが、その特徴についてはよく分からないという方も意外と多いものです。この記事ではタロットカードの歴史や占える事柄など、タロットカードについて詳しく解説していきます。

タロットカードの歴史は古く、一説によると1392年にフランス王のシャルル6世が作らせたタロットが起源とされています。タロットカードの構成は全部で78枚となっており、22枚の大アルカナと、56枚の小アルカナに分類できます。図柄としてはウェイト版とマルセイユ版が主流となっていますが、本格的な占いにおいてはウェイト版が採用されることがほとんどです。

タロットカードを利用して占える内容は様々です。将来の恋人や結婚相手についての問題や、現在の交際相手との未来についてといった恋愛関係の話はもちろんのこと、仕事に関連するお悩み、お金にまつわる問題、さらに家族や友人、知人との人間関係についての話題など、どんなお悩みにでもや硫黄できることがタロットカード占いの特徴であり、魅力となっています。

占える期間については、遠い将来にまで渡って見通すことが可能な一般的な手相占い等とは異なり、短期的な将来について専門的に占えるのがタロットカード占いの特徴です。具体的には約三ヶ月から半年ほどの未来について見通すことができます。確かに一生涯の人生について見通すことはできませんが、近い将来の運勢について具体的なアドバイスを受けられることはタロットカードならではの魅力であり、特に人生を左右するような重大な場面でタロットカード占いを受けることによって、その後の人生を大きく変化させることが可能であるという点にこそタロットカードの魅力が凝縮されているのです。

タロットカード占いでは、近い将来に起こる問題についてクローズアップできるため、質問や相談の内容を具体的にできることも非常に大きなメリットとなっています。数年、あるいは数十年といった単位で「○歳頃に重要な出会いがある」といった漠然とした占い結果ではなく、現在進んでいる方向が吉なのか、それとも凶なのかといった細かい占い結果を導き出すことが可能であることがタロットカード占いの魅力となっています。

また、自分自身だけではなく、他人についても占えることもタロットカードの特徴です。「あの人に私はどう思われているのだろう」という疑問や悩みに対しても、タロットカードを使用して的確な占い結果が返ってきますから、今後の対策や対応について具体的に考えられるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です