先の見えない恋愛にこそ、オススメしたい占い

人生において悩みが発生すると、占いにも頼りたくなります。占いをしたいと思う時は、たいてい何かしら悩みを抱えている事が多いものです。占いをすることで、少しでも希望や解決策が見えると、それだけでも気持ちが軽くなるものです。
特に、占いに凝るのは女性のほうが多いようにも思えます。恋愛において、どうも上手くいかない時や相手の気持ちがわからないといった時に、道筋を示してほしかったりもします。片想いや復縁、不倫のように幸せとは程遠い状況であればあるほど、占いにも頼りたくなるものです。

私も昔から占いは大好きでしたが、最初はテレビや雑誌の星座占いをチェックするくらいでした。初めて占い師に触れたのは、原宿の塔里木(タリム)です。占いスクールなるものにも行った経験があります。勿論、占い師を目指していたわけではなく、占いスクールの授業に参加すると、占いをしてもらえるという特典に惹かれて参加しました。

普段から占いには左右されがちな方ではありましたが、特に私が衝撃を受けたのが、たまたま遊びに行った中華街での占いです。中華街に入ると、あちこちに占いのお店があり、なんとなく気になってしまいます。
一緒に行った友達と将来の結婚について占ってもらおうという事になり、あるお店で手相占いをお願いする事にしました。お店の前では女性やカップルが行列を作っていました。
私は結婚出来るのか、という漠然とした内容を聞いたのですが、占い師から、今は恋愛も結婚もする時期ではないと言われました。実はその時、私は失恋直後でその相手の男性と音信不通状態だったのです。

手相から何もかもお見通しなのかと思うと、驚きました。中華街の占いは手が届きやすい料金ですし、ほんの遊びの気持ちだったのですが、あまりにも現状を言い当てられ、驚きとともに、まだまだ立ち直れていなかったので、ショックでした。
しかし、占い師が言いたい事は、もっと他にあり、今はとにかく恋愛や結婚の時期ではないということ、私自身がもっとしっかりしなくてはいけないことを指摘されました。そして、復縁はありません、と断言されました。占い師の言う通り、その男性からは2度と連絡が来ることもありませんでした。

とはいえ、手相はずっと同じではなく、変わるんだそうです。かなり落とされる事を言われましたが、手相が変わると言う事を知り、少し諦めがつきました。
人生において壁にぶつかる時は、何度も訪れるものです。そんな時に、家族や友人に相談するのとは別に、占い師にはどこか人に話しづらい秘密も全て吐き出してしまえるところがあります。
1人で思い悩むような事があるならば、そのモヤモヤを占い師にぶつけてみると、意外な形で納得出来、解決策が見つかるものです。良い事も嫌な事も含め、今の状況から進めないでいる人にとっては、光が見えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です